事務職希望なら、Excel講座の受講がおすすめ

subpage01

事務職の募集要件として、「Word/Excelが使える人」という文言を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。


しかし、よくよく考えてみると、「Wordが使える人」は、「パソコンを使って資料を作ることができる人」だと、なんとなく理解できますが、「Excelができる人」になると、どんなスキルが求められているのか、ピンとこないですよね。

Excelの講座のクチコミ情報を求めています。

実は、事務職に求められている、主なExcelのスキルとしては、「関数を使いこなせること」があげられます。

しかし、ひとくちに関数といっても、ソフトに組み込まれている関数は、単純な四則演算から、確率や統計といった本格的な数式に用いるものや、文字列操作ができるものなど、幅が広く、いったい何をどう何をどこまでできたらいいのか判断に迷いますよね。



そんなときにおすすめなのが、ビジネススクールなどで行われている、Excel講座を受講することです。
というのも、スクールや講座の内容によって、多少の差はあるものの、SUMやSUMIFといった合計関数や、IFやVLOOKUPなどの条件判定式、さらには、AVERAGEなどの平均関数など、事務処理をする際に知っておきたい関数に的を絞って教えてもらうことができるからです。
また、関数を使いこなせるようになることで、事務処理の効率を格段に向上させることが可能になります。



事務職への応募を検討している人は、一度Excel講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。