パソコンの初心者が最初に覚えること

subpage01

パソコンは他の電器製品とは違う点があるために、初心者はその違いを最初に覚えるとよいです。

幅広い分野の初心者のパソコンの情報を今すぐ確認できます。

それは、電源です。



それを知らないために多くのPCビギナーが最初に戸惑います。

なぜなら、他の家電製品にはないので「まさかそんなことになっているとは」と思わないからいつもの調子で電源を切り壊してしまうことがあるからです。
PCは電源ボタンでスイッチを入れて、画面上の「シャットダウン」をマウスでクリックすると消える仕組みになっている初めての家電製品です。

そのために、最初にそのことを誰かに説明してもらわなかった初心者はどうしても操作がわからなくなると電源ボタンを押してしまいますが、それこそ、PCが壊れる元になってしまいます。


なぜなら、突然PCの電源を切ってしまうと、その時にハードディスクが動いていた場合に、ディスクに傷を付けたまま止まってしまったり、データが記録途中になってその後のPCの調子が悪くなる原因になってしまうからです。

それを防ぐためにはPCの操作を教える人は、初心者に対してなるべく早い時期に「パソコンは最初に、電源ボタンを入れてプログラムを起動させてまずオペレーションシステム(OS)と言うプログラムを起動させます。
その後はパソコンの管理はすべてオペレーションシステムであるOSに引き継がせるために、最後にパソコンを終了し電源を切るときは画面上のボタンをマウスでクリックして終了します」という仕組みをはっきりと伝えることです。
そうして初心者はようやく一番大切なことを正しく理解し意識できます。
それと同時に、パソコンの電源スイッチの「入れ方」と「切り方」を最初にセットで覚えることで、PC自体にも次第になれてきます。


そのために、PCの初心者は電源の「入・切」から覚えると効率がよいです。